永山酒造

明治20年創業の永山酒造は清酒製造の副業として粕取り焼酎を製造していたが、
1981年、隆盛を誇るウイスキー市場に一石を投じるべく、香りと味わいで飲むクセの無いブランデー感覚の焼酎を、
山口大学と産業技術センターと共に開発した。

後の焼酎ブームに乗り山口県を代表する焼酎として全国展開中。
系列のワイナリーの樽を活用した樽貯蔵も好評限定発売中。