株式会社猿川伊豆酒造

明治36年(1903年)初代が「しょうちゅう伊豆屋」を創業。

壱岐島内屈指の山水の仙境“猿川川”(さるこうがわ)の河畔に位置し、製造場内を横切る清流猿川川は、古来よりこの地の“命の水”として重宝されている神水であり、初代が広く江湖に膾炙して酒銘としまた、社名としたものです。
創業時の「製成手法」を頑なに伝承しつつ時代に流されない酒造りを信条としている。